就職をするということ

数年前まで景気がかなり低迷していて就職内定率も最悪といわれた時代がありました。
実際になかなか実感することはないですが、景気はずいぶん改善してきているといわれており、就職内定率はあがり、企業の求人も増えているといわれています。
実際に、去年くらいから内定率は90%を超えるほどといわれているので、景気の回復が見込まれています。
多くの方が大学や専門学校を卒業するにあたって、就職活動をはじめます。
はじめは、企業が行う説明会などに出向いて会社説明会に行きます。
そのあと自分の希望の会社にエントリーシートを提出します。
企業から連絡が来れば面接の機会が与えられるのです。
数年まえの景気の悪い時代ですと、一人あたり100社もエントリーシートを出しても面接にこぎつけることはない、などといわれたこともありましたがいまは、そこまで悪くありません。
いずれにしても、就活は根性が必要ですし、エントリーシートをたくさん書くということは現在でも多くの方が経験しています。